習慣流産の原因

ママは妊娠しても、赤ちゃんをうめなくて、出産してしまうことがあります。すべての妊娠の10~15%は、自然流産に終わってしまいます。ほとんどの流産は受精卵の染色体異常など胎児側の原因で起こるため、予防や治療ができません。ところがまれに、流産や早産を繰り返してしまい、なかなか赤ちゃんを抱くことができないという辛い体験をされるご夫婦がいます。これが習慣流産と言います。

3回以上自然流産を繰り返した場合を習慣流産といいます。では習慣流産の原因はなんですか?

染色体異常

カップルのどちらかの染色体に転座などの異常があるから、胚は正常に発育できません。流産してしまいます。

ホルモン分泌不足

黄体ホルモンをはじめ、ホルモンの分泌は不足です。したがって、受精卵は子宮内壁に着床することができません。

子宮病気

子宮の形の異常、子宮筋腫、子宮の感染症などです。特に子宮筋腫の場合です。受精卵は子宮内壁に着床できますが、子宮筋腫のせいで、胚発育の空間も狭いし、血の提供も不足だし、流産してしまいます。

他の病気

習慣流産の6%は糖尿病、甲状腺分泌異常、心臓、腎、肝臓の病気によって引き起こします。

免疫疾患

免疫疾患による血流障害が発生します。血栓が絨毛や胎盤にできると、胎児に十分な量の酸素や栄養が回らなくなってしまいます。

カップル間の移植免疫的な相性

カップル間の移植免疫的な相性(臓器移植時の拒絶反応に似た免疫的な相性の悪さ) などによる問題が知られています。

オススメサイト

バイアクラは持続時間が5時間程度ですが、食事の影響を受けやすいので空腹時に飲むようにしましょう。

シリアス10mgは20~24時間、20mgは30~36時間という長時間にわたって効果が持続します。

人々は早漏に対して様々な早漏防止する方法を研究しています。いままで、早漏防止する方法は様々があります。その中で人気がある方法は早漏防止コンドーム・早漏防止スプレー・早漏防止塗り薬・早漏防止クリームの様々な商品を開発されました。

レビトラはED治療薬としてバイアグラの次に誕生したお薬です。レビトラはバルデナフィルという有効成分が含まれております。男性性機能障害、勃起不全を治療する目的としてドイツで開発されたED治療薬です。

アイピルは緊急避妊薬として使われるの場合が多いですが、実は、生理不順を改善する効果もあります。アイピルは女性ホルモンの濃度を上げることで、妊娠しているのと同じ状態を作ります。

女性用の媚薬には、性欲を高めたり、オーガズムに達しやすくなるような興奮を促す成分がたくさん含まれています。女性用媚薬にもいろんな種類があり、「塗るタイプ・飲むタイプ・香水タイプ」など、それぞれ成分や効能も異なる事がありますが、いずれもオーガズムや不感症を改善する為に女性が使用する薬です。